【話題】6500ドルで100万マイルを貯める方法、起業家が発見

1: 名無しさん 投稿日:2014/06/18(水) 17:59:14.48
旅行情報サイト運営を手掛けるドイツ人起業家が、わずか6500ドル(約66万円)の投資で航空会社の
マイレージポイントを100万マイル分を貯める方法を発見したと主張している。この方法を使えばファースト
クラスの旅が何度も楽しめるという。

この方法を見出したのは起業家のトルステン・ヤコビ氏。米国で発行されている「シティバンク・エグゼクティブ・
Aアドバンテージ・ワールドエリート・マスターカード」と「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」を利用する。

この2枚のカードで毎日1500ドル分のギフトカードを購入し、シティバンクカードとオンライン決済システムの
エボルブマネーを使ってギフトカードを換金する。そのための手数料は年間で6186.75ドル、加えて
クレジットカードの手数料250ドルがかかる。

貯まるマイルはアメックスのポイントで76万5000マイル、シティバンクのカードで18万2500マイル。
両カードとも入会時にボーナスポイントが付くことから、合計はアメックスが79万マイル、シティバンクが28万
2500マイルになる。

ヤコビ氏がこのからくりを調査したのは米国内のみ。他の地域では別の決済システムへの登録が必要かも
しれない。この方法は「100%合法的」だと語る同氏は、貯まったマイルでファーストクラスを使ってモルディブや
スリランカへ行く旅などを勧めている。

ソース/CNN
http://www.cnn.co.jp/fringe/35049578.html






[ 2017/02/02 05:35 ] Category: None | TB(0) | CM(0)

今エビが高騰してるけどああいうので儲けられないの?

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/29 10:49:01 ID:s8lPJmnS0
教えてエ□い人






[ 2017/02/02 02:35 ] Category: None | TB(0) | CM(0)

「深刻だ」中国不動産バブルを警告 ノーベル賞のシラー教授

1: やるっきゃ騎士φ ★ 2013/10/16 16:03:33
15日付の中国紙、新京報は今年のノーベル経済学賞の受賞が決まった
米エール大のロバート・シラー教授が「中国の不動産バブルは深刻だ」と
警告していたと報じた。

シラー氏は、2009年に上海や広東省深センで行われたフォーラムなどで
「中国経済は発展しているが、警戒すべきことがある」として、不
動産市場の過熱と住宅価格高騰を挙げた。
11年の世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)でも、中国メディアに
「バブルがはじければ中国経済に打撃を与えるだろう」と述べたという。

中国はシラー氏の警告にもかかわらず、銀行融資とは別の資金取引ルートである
「影の銀行(シャドーバンキング)」が不動産市場への資金供給を
拡大したことなどを背景に、住宅価格の高騰が続いている。(共同)

ソースは
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/131016/mcb1310161535038-n1.htm 






[ 2017/02/01 23:35 ] Category: None | TB(0) | CM(0)

年間利益4億円の個人投資家 「ノリ」さん

1: 名無しさん 投稿日:2015/01/05(月) 09:37:25.15
2014年の日本株は一本調子で上がり続けるわかりやすい相場ではなかったが、そうした中で、億単位の利益を出している凄腕のトレーダーもいる。
そんな個人投資家の一人である「ノリ」さんが、2014年のトレードを振り返る。

2014年に大きく成功した銘柄は、ディジタルメディアプロフェッショナル(DMP)です。646円(7月30日終値)から、8月26日には高値9180円まで急騰しました。
数日連続でストップ高をつけた後、8月上旬に2000~3000円で1億円近く購入しました。

だいたい1銘柄で5000万~1億円ほど買うので1日で売ることは難しく、利益確定は売り上がっていくという形です。
ただ、DMPはまさかこんなに上がるとは思っていなかったので、天井をつけた日にはわずかなポジションしかありませんでしたね……。

ロスカットについては、「上昇トレンドがいったん終わったな」と感じたら手放すようにしています。
ただし、トレンドが終わったかどうかわからなくても、5日移動平均線を明確に割ったら絶対にロスカットすることは決めていますね

逆張りだと、「そろそろ底打ちして上がるだろう」という期待を持ってしまうのでロスカットの判断が遅れてしまう。
一方、順張りで上がるだろうと思っていたのに上がらなければ、自分の判断が間違っていたと考えてロスカットしやすい。
これまで試行錯誤を繰り返しながら、このスタンスにたどり着きました。


今後の相場展開ですが、私は相場全体の予想はできないし、しても意味がないと思っています。
日本株がどうなるかは結局、米国次第。では米国市場を予測しようとしても、それは難しい。
だから、新興市場でトレードしているという面もあります。相場全体の影響を受けにくい、あくまで銘柄独自の理由で動く新興銘柄が自分には合っていると感じています。

【PROFILE】ノリさん:2006年から専業トレーダー(デイトレード、スイングトレード中心)。
資産は10億円以上で、2014年の収支は10月末時点で約4億3000万円のプラス。新興銘柄を中心とした1~3日程度のスイングを得意とする。
そのほか配当を目的とした米国株の長期投資で年間約2000万円の配当を得ている。
http://www.news-postseven.com/archives/20150105_292996.html






[ 2017/02/01 20:35 ] Category: None | TB(0) | CM(0)

投資信託の販売落ち込みが深刻、アベノミクス前に逆戻り 政策の手詰まりや景気不透明感が影響

1: 名無しさん 2016/09/23(金) 17:50:17.79 ID:CAP_USER
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2016-09-22/ODL5NF6JTSEB01

国内で投資信託の販売が落ち込み、特に株式投信の年初来設定額はアベノミクスが始まる前の2
012年以来の低水準となっている。背景にあるのは、政策の手詰まりで日本のデフレ脱却に対する期待がしぼんでいる上、
世界の景気や金融政策への不透明感による円高、株安の流れだ。
  投資信託協会がまとめる公募投信のデータによると、ことしの株式投信の設定額は8月までの合計で19兆4685億円。
1カ月当たりの平均は2兆4336億円と前年同期の約6割の水準にとどまる。年間では13年の40兆円、
14年の38兆円、15年の44兆円から大きく減り、12年の23兆8241億円以来の低水準となる可能性が高い。
13年5月には、5兆2231億円と月間データの比較が可能な1989年以降で最高を記録した。

(以下略)






[ 2017/02/01 17:35 ] Category: None | TB(0) | CM(0)
最新記事
UU